FC2ブログ



宮城県仙南地域の外あそび親子サークルです!森のようちえんの考え方に共感したお母さん達が集まって、はじまりました。太陽の村(柴田町)、もち豚館(大河原町)などをフィールドに、雨の日も風の日も、自然の中で遊びます♪(2018年3月に“野外自主保育”から、名称を変更しました)

Prev  «  [ 2019/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

yarohinakko

Author:yarohinakko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

震災後ママのための外あそび放射能講座・春

6/18、「みんなの放射能測定室・てとてと」の北村保さんを講師にお招きし、
憩いの森にて『震災後ママのための外あそび放射能講座・春』を行いました。


昨年に続き3回目となる今回は、保さんより仙南の現状をお話しいただいた後、
地上50cmの空間線量を測りながら
外あそびで気になる点について参加者からの質問に答えていただくという形で行いました。


歩きながら線量計の数値が上下するのを見て、桜の木の周りは線量が高くなる傾向があること。
頭上に茂った枝葉の影響か、開けた場所でも意外に線量が高い場所があること。
かと思えば、心配していた池の周りは意外に線量が低いこと。
…など、測ってみて初めて気づいたり腑に落ちたりすることが、たくさんありました。

また、講座に先立ってお願いしていた、
太陽の村のヨモギの線量の測定結果(サッと洗ったものと、丁寧に洗ったものの2種類の比較)
からは、ある程度の草丈がある植物の上部でも微量の土はついていて、
そのままでは放射線量が検出されるということを再確認しました。
この時期に美味しい山菜についても、選び方や調理の注意点を教えていただきました。


これらを受けて、今後のやろっこの活動では、
◉危ないと分かった場所や物は極力避ける。
◉線量が高くないと分かっている物
(ヨモギや三つ葉、桑の実や木苺)
であっても、洗ってから口にする。
◉食事前には手を洗う(拭く)

など、放射能対策として
気を付けていきたい事が加わりました。




悔しいけれど、自然の中に放射能はある…。
でも、ただそれを怖がるのではなく、楽観視しすぎるのでもなく、
きちんと自分たちで知り、避けられるものは避けるべく行動していきたいと思います。
参加者からは、
「これまでは諦め考えてこなかったけれど、勉強することで対応もできると分かった」
「いつも遊んでいる場所について、具体的に知ることができて良かった」
「オープンに話し合い、問題意識を共有できる場があって良かった」
などの声が聞かれ、有意義な講座となりました。


最後になりましたが、今回も客観的な立場から的確なアドバイスをくださった北村保さんと、
「みんなの放射能測定室・てとてと」
又今回の講座を助成いただいた「かほく108ファンド」の方々に感謝をいたします。


スポンサーサイト




C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://yarohinakko.blog.fc2.com/tb.php/88-e94f88de


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる